ご予約・お問い合わせ03-3201-0222
奇跡のリスト
業務渡航・視察

航空券速報 2018.08.08

デルタ航空(DL)は、羽田/ミネアポリスーセントポール線、成田/アトランタ線、成田/シアトル線、羽田/ロサンゼルス線に個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワンスイート」とプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」を導入します。「デルタ・ワンスイート」は、快適性とプライバシーを重視。スライド式ドアで仕切った個室に、個人用収納スペース、個別調整が可能な照明、18インチの高解像度個人用モニター、高性能USBポートなどを完備しています。「デルタ・プレミアムセレクト」は、長距離国際線のビジネスクラスとエコノミークラスの中間に設ける新しいキャビン。座席間隔は最大38インチ、シート幅は最大19インチ、リクライニングは最大7インチで、可動式のレッグレストとヘッドレストを配置。そのほかウェスティンホテルが開発したブランケットと枕、厳選したアメニティや13.3インチの高解像度スクリーンなどを各座席に設置します。

大韓航空(KE)は、9月に仁川/ザグレブ線を週3便で運航します。

アジアからクロアチアへの定期便開設は初めてです。使用機材はファーストクラス6席、ビジネスクラス24席、

エコノミークラス188席、全218席のA330-200型機。

運航スケジュールは以下の通り。

▽KE、仁川/ザグレブ線運航スケジュール(9月1日~)
KE919便 ICN 11時05分発/ZAG 15時45分着(火・木・土)
KE920便 ZAG 17時20分発/ICN 11時30分着※翌日(火・木・土)

エミレーツ航空(EK)は、10月末より関空/ドバイ線にA380導入します。

成田線に次ぐ2路線目です。A380型機はファーストクラス14席、ビジネスクラス76席、

エコノミークラス399席の計489席。A380型機ではファーストクラスのお客様にはシャワーを用意しています。

ファーストクラスとビジネスクラスの利用者向けには専用の機内ラウンジもあります。

運航スケジュールは以下の通り。

▽EK、関空/ドバイ線運航スケジュール(10月28日~)

EK317便 KIX 23時35分発/DXB 05時45分着※翌日(デイリー)
EK316便 DXB 03時05分発/KIX 16時55分着(デイリー)

●全日空(NH)は2019年春からA380型機を首都圏とホノルルを結ぶ路線に投入することにあわせて、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧称:ホノルル国際空港)に自社ラウンジを開設する計画を発表しました。NHにとっては初めての海外空港における自社ラウンジになります。

中国の海南省観光局によると、5月1日から同省は日本人の無査証滞在可能日数を30日間に延長することにしました。

ミャンマーへの旅行がぐっと便利になったと評判のe-VISA(電子ビザ)制度。 これまでの英語に加え、日本語でも申請できるようになりました。

タイ国際航空は、3月25日から10月27日まで成田⇔バンコクのフライトを増便しました

成田-バンコクTG627 成田(09:45)発‐バンコク(14:15)着

バンコク-成田 TG626 バンコク(23:35)発‐成田(07:45+1)着


 

アメリカン航空は、2月1日よりブラジル行きのエコノミークラスの無料受託手荷物に関する規定が変更になりました。新しい無料受託手荷物の個数、重量は、個数:2個まで無料。3~5個目まで200米ドル/1個あたりです。

デルタ航空(DL)は5月6日をもって、デイリー運航中の成田/サイパン線と、週2便の成田/コロール(パラオ)線を運休することになりました。DLは今年1月に成田/グアム線を運休しており、日本/ミクロネシア間の定期便運航から撤退することになりました。

●大韓航空(KE)は1月18日から、仁川空港の発着ターミナルを第2ターミナルに変更します。KE以外では、同じスカイチームに属するデルタ航空(DL)、エールフランス航空(AF)、KLMオランダ航空(KL)が使用します。

●フィジー・エアウェイズ(FJ)は、2018年7月3日から成田/ナンディ線を週3便で開設します。再開は9年4ヶ月ぶり。運航機材はビジネスクラス24席、エコノミークラス249席、計273席のA330-200型機またはビジネス24席、エコノミー289席、計313席のA330-300型機。

運航スケジュールは以下の通り。

▽成田/ナンディ線 運航スケジュール(18年7月3日~) FJ351便 NAN 13時25分発/NRT 19時30分着(火・金・日) FJ350便 NRT 21時25分発/NAN 09時05分着※翌日(火・金・日)

 

●国内社員、研修旅行 始めました!!

フランスの「リッツ・パリ」は2016年3月15日、リニューアルオープンします。 ココ・シャネルやマルセル・プルーストなど、リッツ・パリに縁のある著名人の名前を冠した「プレステージ・スイート」に、新たに「マリア・カラス」を加えました。 新たな施設として「CHANEL au Ritz Paris」を開業します。

 

NH ヒューストン空港における「I to I Program」開始のお知らせ全日空より、全てのユナイテッド航空国際線との乗り継ぎにおいて、ヒューストン空港での手荷物の引き取りが不要になります。

 

●インドネシア政府は30日以内の観光目的で入国する場合に限り、インドネシア入国査証の取得が免除されることになりました。

●米国、成田で事前入国審査導入へ

●2016年3月15日からカナダに入国する際オンラインビザETA(Electric Travel Authorizatuion)の取得が必要になりました。取得代は、7カナダ$で、有効期限は5年間。期間中は何度でも入国が可能です。

●インドネシアに入国の際の「短期ビザ」の料金が、35US$に変更になりました。

●チェコへの渡航の際(観光など無査証での渡航)には 海外旅行傷害保険への加入が必須となりました。入国時に加入証明の提示を求められることがあります。

 

トリップNEWS
VIPのインパウンド手配
ペットジョプ情報
エグゼクティブがなぜ、この旅行会社を選ぶのか?
会社案内
海外で困った時
安全第一主義
おすすめNo.1リゾート
ダイバー情報
Voice