これであなたも業界通!

News Letter

New<コロナウイルスに対する航空会社の対応>

中国へのフライトを運休している主な航空会社
ユナイテッド航空・デルタ航空・アメリカン航空・ルフトハンザ・フィンランド航空・英国航空・エールフランス・スカンジナビア航空
カタール航空・オーストラリア航空・ニュージーランド航空・エールフランス他
また中国への渡航歴のある人を入国
インド・米国・オーストラリア・ニュージーランド・韓国・シンガポール・マレーシア・台湾・ベトナム・フィリピン・ロシア・インド・グアテマラ他、は中国人の入国も拒否・香港は港を閉鎖した

<メキシコ出入国カード 電子可>

メキシコへ向かう航空機/船舶内で配られている紙版のメキシコ出入国カード(スペイン語と英語で表記)を記載するしかなかったが、この度、以下の日本語サイトにアクセスし、画面上でローマ字で記入、もしくは選択肢から選択することで、出発前にウェブサイト上で作成出来るようになった。(出力はスペイン語の出入国カードと同じ様式)サイト上の言語は全て日本語で表記されている。
★ 電子出入国カード入力ページ

https://www.inm.gob.mx/fmme/publico/ja/solicitud.html

■<注意>アメリカ入国について 渡航歴により入国が制限される国あります

イラン・イラク・スーザン・シリアに入国したことがある場合→米国ESTA での入国はできない。ビザ取得が必要。イスラエル入国がある場合→イラン・サウジアラビアへ入国ができない。

<注意>カタールはイスラムテロを支援国とみなされサウジアラビア、エジプト、バーレーン、アラブ(UAE)、イエメンの中東5カ国は、カタールとの国交を断絶している。このため中東からカタールに入国する場合はクエートまたはオマーン経由で入国しなければならない。

◆近藤のひとりごと

世界各国の航空会社や政府は、コロナウイルスから国民の身を守ることを第一に対策を取っている。                                                    当面は中国への飛行を、全面禁止、中国人の入国禁止、中国への渡航歴のある人は14日間別の都市に滞在してからのみ入国のみ可能など。                  しかし日本の航空会社は、未だに毎日バンバン中国への便を運航している、いったい何万人の中国人を受けいれ、日本を感染にさらすつもりなのか。中国を恐れ、何も言えない何もできない国となってしまったのか。
ダイヤモンドプリンセス号の乗客、乗務員の今後の予定も決められない、情けない話だ。                             私は思う、                                                                いま何よりも重視しなければならないのは,いかにコロナウイルスを食い止めるかだ、すべてに最優先すべきだ。こんなこと子供でも分かる                                     主要国同様中国へのフライトは全面禁止、中国人入国も禁止、中国に渡航歴のあ人は他の国に2週間以上いてからのみ入国許可。同時にダイヤモンドプリンセス号に閉じ込められている乗客、乗員を直ちに検査。何が何でもやる。もちろん全員やる。人数が多すぎる?たかが3500人だろ。それができないでどうするんだ。その後感染している人 感染していない人に分ける、感染していない人も14日間は個室で隔離。問題なければ帰国、帰宅だ。花見、育休そんな場合か、馬鹿なことを言っている場合じゃない、もっと真剣になれよ。マサチューセッツ工科大学だとか世界中の頭のいい人たちの知恵を借り何がなんでも食い止める、乗客乗員を助ける。日本を守る。このことだけに強い気持ち信念をもって組まないでどうすんだ。                                                                            近藤正男