海外で困ったとき

知っていると助かるお役立ち情報

◆海外でパスポートを盗まれたら

最寄の警察へ被害を届け出て「被害届証明書」を発行してもらう。
allow
被害届証明書をもって、在外公館(日本国大使館や総領事館)へ在外公館で発給申請手続を行う。
外務省HP 在外公館リスト
パスポートか渡航書か どちらかを選ぶ

  1. 新規パスポートの発行
  2. 帰国のための渡航書 の2種類があります。

※渡航書とは、他の国には一切立ち寄らないという条件付きのもので、パスポートの代わりとして帰国できます。
※渡航書の場合は1~3日で取得できますが、パスポートの再発行は1~2週間かかります。

申請に必要な書類

  • 運転免許証などの身分証明書(原本)。または6ヶ月以内の戸籍謄本(抄本)1部。
    外務省もなるだけ持参するよう呼びかけている。
  • パスポートNo.及び発行日がわかるもの(顔写真ページのコピー)。
  • 写真2枚
  • 旅行日程が確認できる書類(旅行会社にもらった日程表または帰りの航空券)
  • 出入国管理にて入国したというスタンプをパスポートまたは渡航書に押してもらう
    (あなたがその国に入国したという証明のため)。
    詳しくは外務省HP パスポート
どうしようっ!と困ったらご加入の海外旅行保険会社や
お持ちのクレジットカード会社に相談するのも手です

◆海外旅行保険は必ずご加入を!

現地のヘルプデスクで相談を、パスポート等の盗難手続きの流れも説明してくれます。
保険でカバーできる金額もあり帰国後の手続きもスムースに進みます。
発給手数料、最寄りの在外公館までの交通費、延泊のホテル代などで、限度額は5万円。
航空券も5万円を限度に時価額が支払われます。
■東京の外務省外国邦人安全課(03-5501-8160) に救助を求めることもできます。
ここのスタッフは豊富な経験を持ち、現地医療事情にも詳しいプロたちで、判断や指示は的確です。
現地の在外公館とも連絡を取り合い、トラブルの解決に当たってくれるはずです。
電話で相談するときには、旅行中の国名、現在地、連絡方法を正確に伝えること。
パスポートの記載事項(旅券番号、本籍地、氏名、現住所、発行年月日、発行場所など)も正確に伝えることが大事です。

<達人のおすすめ旅行グッズ>

ウエットティッシュ(抗菌)
海外では日本のおしぼりはありません、あればあるほど助かります。
トイレットペーパー
ポケットティッシュの不足時など何かと便利、芯を抜き肌にやさしいものを。
アーミーナイフ
缶切り、ナイフ、万能なので(スーツケースの中に)。
爪切り
意外に伸びます。
フリクション
発祥は日本、海外では貴重なのでプレゼントにも。
ヨーロッパの方へのお土産に和菓子を
日持ちもよく見た目も美しい和菓子はコーヒーとの相性もいいと喜ばれます。